犬の介護には、犬の歩行器が役立つガイド

ゲンキサクラ【犬の車椅子・歩行器】製作工房

犬の介護には、犬の歩行器が役立つガイド

これから愛犬が老犬期に入り介護の事を知りたいと言う飼い主様や今介護をしているけど、どうしたら良いかわからないと言う飼い主様にお届けしたいと思います。
私も愛犬の介護をして来た飼い主として、そして今のゲンキサクラの犬の車椅子・歩行器の製作をしている立場から色々なワンちゃんの介護期の状態・症状を見て来ました。そんな経験からこの記事は本音で愛犬介護に必要とされる飼い主様の心構えや介護に必要な愛犬を立たせて介護する事の大切さを、このブログを通して、愛犬との介護生活が安心しておくれるように、微力にはなりますが、少しでもお手伝いができれば幸いと考えております。

犬の車椅子ゲンキサクラ
ゲンキサクラの犬の車椅子と歩行器
犬の車椅子ゲンキサクラ


愛犬の介護について

まずはじめに、犬の介護は人と同じ様に、愛犬も年齢とともに老犬期に入りますと、カラダの状態も徐々に老化の現象(後ろ足がもつれたり、引きずる様なしぐさ)が現れて来て少しずつ介護期に入る前触れの症状が現れて来ていると考えられます。そんな症状が愛犬に出始めましたら、これからの介護生活の準備と覚悟が必要になると思います。そんな愛犬が老化していく中で飼い主としての役割は非常に大事になってきます。特に「犬 介護」は精神的にも肉体的にも大きな負担を伴います。しかし、適切なケアや準備をすることで、介護生活が快適に日々を送れるようになります。

本記事では、老犬の介護に関する経験をもとに基本的な知識と実践的なアドバイスになればと考え、愛犬との介護生活を少しでも快適に暮らせかを、ご紹介して行きたいと思います。

介護も貴重な愛犬との暮らしです

老犬の介護において最も重要になるのは、飼い主の心構えです。シニア犬として年老いた愛犬の変化に対応し、その日々の生活を支えるための心構え(覚悟)が必要になります。愛犬の老化を受け入れ、無理なく共に過ごすことが一番大事になります。生きている以上、老化は自然な成り行きであり、過度な不安やストレスを飼い主自身が抱えないことが重要になります。そのためにも、適切な知識を持ち、柔軟に対応することが大切です。また、信用できる知識ある獣医師や経験豊富な方のアドバイスを借りることも大事になると思います。まずは飼い主様の心の平常心と安心感が、愛犬にとっても安心して介護生活を送れ最適なケアのお陰で、一日でも長く大切な愛犬との暮らしを送れると考えるからです。そして、飼い主自身が心身ともに健康であることを心がけすることも大切に成ります。そんな愛犬が今まで見せなかったしぐさや愛らしさの時間を大切に、多くの楽しみや喜びを共有する事で、愛犬が今までに与えてくれた様々な事が、介護生活のする事で愛犬との生活が必要だったことが見えてくると思います。

老犬の介護に必要な対策とアドバイス

老犬が介護を必要とするワンちゃんの症状には様々な状態が見受けられます。例えば、後ろ足が上手に動かなくなり歩行が不安定になり転んだり、自力で立てなくなり、立たせろと暴れ泣き叫んだり、淋しさのストレスにより昼夜が逆転したりと、様々な症状は老化によるものが多いため、信頼のおける獣医師の診断を受けることも大事になってくると思います。飼い主様が診断に納得いかなかった場合には、セカンドピニオンも大事になってきます。そんな信頼のおける獣医師の診断のもとで適切な対策を講じることで、愛犬の介護生活の質を高めることができます。例えば、自分の経験上、愛犬の介護にはこの様な補助器があると助かりますよー。と、言ってくれるような獣医師様は、ワンちゃんのこれからの生活も考え、また飼い主様に負担が軽減出来るように、愛犬との介護生活を真剣に考えてくれている先生だと思います。そして日常的に立てなく成ってしまった愛犬が介護に困難と感じている場合(食事、立ちたい、歩きたい、排泄、その他)には、なるべく早くに犬の介護用歩行器(介護用補助器)を考えてみてはいかがでしょうか、愛犬を立たせてて介護が出来ますので、飼い主様には必ず介負担軽減の助けになると思います。

犬の介護生活に必要な運動とストレス解消の重要性

まず初めに介護は根気詰めてしない事、飼い主様のカラダが一番大事なので普段道理にです。
老犬の介護にはワンちゃんの運動とストレス解消は、非常に重要と考えられます。まず愛犬が自力で立てなく成りますと歩けないストレスから昼夜が逆転する傾向にあります。歩けないからと言って運動も散歩もいかなく成り、大抵はそのままおとなしく寝かせたままにしますので、ワンちゃんは今まで通りには行かなくストレスが溜まると思われます。そこで今まで通りに生活が出来るような工夫が必要になるかなと思います。散歩(歩かせる)・決まったご飯時間)・排泄させるのが、立てなく成った愛犬にも今までの生活と同じように生活をおくるようにするのが、ストレスを溜めない為の基本だと考えます。
そこで大事になるのが、運動や散歩になります。立てなくてどう散歩に行けばいいの。と、言う飼い主様も居ると思いますが、昨今、愛犬の介護グッズは色々とあります。ワンちゃんを散歩に履かせる靴や立たせて歩かせるハーネス、そして犬の介護用歩行器はゲンキサクラで製作しております。その様な製品を使いストレス解消に愛犬の運動や散歩をしてあげてください。そうして疲れてストレスが無く成ると嘘の様に、夜もよく寝てくれるようになりますので飼い主様の負担の軽減やストレスの軽減につながり、ワンちゃんにも飼い主様にもストレスを溜めないように介護生活をすることが一番大事な事だと考えます。

昼夜問わず起きている間は立たせろと泣き叫んだり、足をバタつかせたりと本当に飼い主様は大変になります。本当に愛しい愛犬がその様な状態になりますと、静かに寝てくれないかと考える様になり、お医者さんで精神安定剤を処方され飲ませて、おとなしく寝かせる生活パターンをするような飼い主様もしばし見受けられます。しかしそれも仕方ない事だと思います。住宅環境から近隣に迷惑を掛けたく無い一心で仕方なくその方法をしている飼い主様がほとんどなのですが、ただしワンちゃんにとって、本当にそれで良いのでしょうか?ワンちゃんはそんな事は望んでいないのです。ただ、今まで通りに立ちたい!歩きたい!ご飯を食べたい!お水を飲みたい!ウンチをしたい!オシッコをしたい!ただそれだけなのです。愛犬にとっては立て無い事は大好きな飼い主様とのスキンシップが取れないのい事なのです。ですからワンちゃんがいくら立てないからと言って寝かせた状態で毎日長い時間過ごすようになりますと、カラダにも異変がで出来ますので気を付けないといけません。

わかっていても働いている飼い主様には無理な話だともわかっております。本当に大変なのもわかっております。
ただ一緒に居る間だけでも、少しの時間でも、立たさせて運動をさせてあげてください。
そうする事で自然にワンちゃんも飼い主様もストレス解消につながるとおもいます。

愛犬の介護に必要なのは、立たせてあげる事

愛犬の介護には、どうしたら良いのか?悩んでいる飼い主様も多いと思います。
愛犬が立てなく、歩けなくなると、今まで出来たことが普通には出来なくなるかなと思います。

そこで気になるのが、運動・排泄・ご飯・ベッドになると思います。
毎日の事、飼い主様がワンちゃんを支えて何かをするのが非常に難しくなると思います。

なぜかと言いますと、介護生活のワンちゃんでもある程度動きますし、カラダの力が抜けていると本当に重く感じますので、小型犬のワンちゃんでさえ支えるのが難しくなり、ご飯を食べさせるにも一苦労になります。そうなると何をしていても両手が使えないし、まして中型犬・大型犬のワンちゃんは支えるにしても大変なので、飼い主様が諦めてしまうケースも出て来てしまいます。

その様な事に成らないようにゲンキサクラでは、愛犬を上から乗せるだけで立たせて介護できる。ワンちゃん飼い主様を助けられる犬の介護用歩行器を製作販売・レンタルをしています。

愛犬の介護でお悩みの飼い主様は、なるべく早くに犬の介護用歩行器を考えてみてください。なにを伝えたい言いますと、
立てないワンちゃんは立ちたいのです。立つことにより安心と力に変わります、もう歩けないと思ったワンちゃんでさえ足を動かし歩こうとするのです。リハビリを兼ねれば歩く事も出来るようになるのです。そしてワンちゃんも飼い主様も安心して介護生活が送れるようになるからです。このブログを観て頂いた飼い主様だけになりますが、上記に書いたお悩みが、この介護歩行器一台で全てが出来るので、ワンちゃんも飼い主様も、多少なりとも介護生活の景色が明くなり、愛犬にも飼い主様にも本当に助けになると思いますので、考えてみてはいかがでしょうか。そして愛犬の介護生活をストレスなく快適におくれる様になると、確信しております。

ゲンキサクラの犬の車椅子と犬の介護用歩行器の製作サービスのご用命はホームページをご覧ください。

ゲンキサクラのホームページはこちらへ